「仕事に忙しいビジネスマンに送る、自宅で出来るゴルフレベルアップ術」
~ゴルフができるビジネスマンになろう!~

第5回「ゴルフレッスン用語の神話を崩す!(1)アドレスでは、背筋をピンと伸ばす?」

「アドレスでは背筋をピンと伸ばして構えること」とレッスン用語ではよく言われることです。

練習場やコースででも、「やる気のありそうな」ゴルファー程、そんなアドレスで構えているのを目にします。

背筋の「伸びた」アドレス、背筋の「反った」アドレス

2つのアドレスの画像を比較してみてください。

私なりに表現すれば、左のアドレスでは、背筋は「伸びている」であって、「伸ばして」いません。

右の画像のアドレスでは、「背筋をピンと伸ばして」います。

どちらのアドレスのゴルファーがナイスショットを打てそうに見えますか?

右のアドレスでは、正確には背筋が「反り返って」いるのです。

「伸ばす」、と「反り返る」は違います。右のようなアドレスが正しいと思っているゴルファーのなんと多いことか、日々レッスンをしていて感じます。

運動で背筋が反り返ると、重心が上がりパフォーマンス性は著しく落ちます。ゴルフスイングのみならず、他のスポーツを見ても明らかです。

背筋が反っていると、ダウンスイングからインパクトにかけて、アゴが浮いてしまいます。アゴが浮けば、身体全体が伸び上がってしまい、良いスイングができません。

タイガーウッズや石川遼君他、どの選手を見ても、背中は、ダウンスイングからインパクトにかけて、アドレスよりも「丸く」なっています。

フォロースルーからフィニッシュにかけて、グンと伸び上がっていきますが、一瞬のことなので、見逃してしまいがちです。

アドレスと、トップ・オブ・スイングと、フィニッシュだけが残像として残ってしまいやすいからでしょう。

アドレスのように静止しているときなら、背筋はピンと反っていてもまだいいでしょう。

実際、タイガーも石川遼君も、アドレスで背筋を反り返らせているようには見えません。

動き出したら、背筋は丸まっていくぐらいの方が、運動としてはいい動きになるものです。

普段、歩いているときの背筋の状態を目安にするといいでしょう。それが、「伸びている」状態で、理想的な運動に移るための背筋のテンションです。

言うまでもなく、人間の背骨は、緩やかなS字を描いています。無理に反らせて逆Cの字で構えるのは逆効果です。元々猫背気味の人は、アドレスでも猫背のままで「背筋の伸びた」アドレスなのです。

ダウンスイングからインパクトにかけて背筋が突っ張って反りあがると、初心者だと右手が下になり、ドライバーの打球は大きく右に飛んでしまいます。少し経験者だと、手首を返せば右に曲がるのが防げることを知っているので、逆に大曲りするフックになりやすいものです。

実験してみるとすぐに実感できますが、背筋を反らせてスイングしてみると、なんと腕の操作性の落ちることか!ナイスショットなど望めるものではありません。前傾姿勢が大きく崩れ、股関節の動きも悪くなるので、膝の送り込みや、身体の回転も損なわれてしまいます。

コツは、ダウンスイングで一瞬「猫背のへっぴり腰」の状態を作ります。「猫背のへっぴり腰」というと、何やら鈍臭い姿のイメージですが、ボクシングの構え、走り出す瞬間、綱引きで引っ張っている格好と、一番パワーが引き出せて、瞬発力の出る格好なのです。

「背中から尾てい骨」までを、まっすぐな平面とイメージし、アドレスからバックスイング、ダウンスイング、フィニッシュにかけて、「平面~、猫背のへっぴり腰~、平面(フィニッシュの姿勢では、やや背中が反りあがってしまうもの)」のタイミングで7番アイアンくらいから練習してみてください。

イメージしている動きと、実際の動きとはかなり違うものなので、できたらよくゴルフの解かった上級者に見てもらいながら「やっているつもり、と実際」の違いをつかんでいくのがベストでしょう。または、ビデオなどで自分のスイングを撮って、自分の目で確認するのもよいでしょう。この作業を繰り返し行い、正しい動きを身につけていくことで、大きく飛距離アップできることでしょう。

倶楽部ゴルフジョイでは、スイング改造の方法として、生徒さん自体がモデルになってもらい、その人の一番良いアドレスからフィニッシュまでを、担当のプロが修正しながら各パートを撮影していきます。それを連続写真形式にテキスト化し、詳細な注意点を付記してお渡しする、というレッスンメニューが大好評です。

生徒さんの身体能力に応じた、ご自身がモデルのスイングテキストこそが、最も親近感が湧き、最高のお手本ではないでしょうか。

世界に2つとない、「あなたによる、あなただけのためのお手本フォーム」を作成いたします。

スイングに迷ったら、いつも「自分がモデル連続写真」でスイングエラーがチェックできるので、スランプからすぐに立ち直れます。

多くの生徒さんが自分に合ったスイング改造に成功しています。

倶楽部ゴルフジョイ
代表 礎 康之