ゴルフパフォーマンスセンター:大本研太郎プロによるゴルフスイングレッスン

第5回「ティーショットのスライスを直すには?」

今回は『ティーショットがスライスして安定しません!』という事について考えてみましょう!

ティーショットのスライスの原因は、インパクト時のフェイスがスクエアに戻しきれていない為か、もしくは振り遅れにより起こるというのが一般的な考え方です。
もちろんこれらも原因の一つではありますが、それよりも前に考えて欲しいのが、トップでのクラブフェイスの向きなのです。

図1・図2

図1の様にクラブのトウ側が地面を向いている状態がオープンフェイスと言います。
オープンフェイスになるとダウンスイングからクラブフェイスがスクエアに戻りづらく、リリースも早く解放されてしまう為にカット軌道のスライスボールが出やすくなります。
さらにオーバースイングになればなるほど、右脇が空いてしまう為に、オープンフェイスになり易くなります。
図2の様にクラブフェイスが上を向いている状態をシャットフェイスと言います。
この状態に近づける練習をする事で、オープンフェイスを修正していきましょう。

具体的な修正方法はバックスイングの時にクラブフェイスが後方から見えるようにする事で、オープンフェイスを修正するドリルをおすすめします。
シャットフェースをイメージすることでオープンフェースと相殺され、結果としてクラブフェースが斜め上を向くようになります。
素振りをしながら極端なイメージで練習をしてください。この動きが作れるようになると右肘が地面を向くようになります。

それでもフェイスの向きが治らない人は、グリップの握り方がウィークグリップで握っている可能性があります。
グリップの握り方は過去のコラムで紹介しましたので、そちらを参照ください。
→グリップの正しい握り方はこちら

練習場で携帯のカメラなどで撮影してチェックしてみましょう。

GPC恵比寿
主宰
大本研太郎このスクールのレッスンを受ける
GPC恵比寿