ゴルフスタジオZAMET連動企画「ゴルフ上達のエッセンス」

第2回「スイング軸(1)」

1. スイング軸とは

スイング軸とは、スイングを行った時の体のポジションや上体の傾きのことを指します。

特に重要になるのが、ボールをとらえるときのインパクトでのポジションでの体の位置やバランスを正しく作れることです。

このスイング軸がずれてしまうと、当たる確率を低下させてしまい、ときには方向性も低下させてしまいます。

スイング軸とは

2. 重心の位置と動き

インパクトでの重心の位置は、目標方向へ力を強く使っていくので、左足側へ強く動いていきます。

例えば、野球のピッチャーもボールを強く投げるために、腕を後方へ引きながら目標方向へ大きく重心を動かし、ボールに強く力を伝えられるように体を動かしていきます。

ゴルフのスイングでも同様に腕を後方へ引いたときに重心を目標方向へ動かしていなければなりません。この時、注意しなければならないのは、ダウンスイングを行いながら(腕を動かしながら)重心を動かすのではないということです。

重心の位置と動き