ゴルフ場で雷!どうする!?

ゴルフは自然いっぱいの中で新鮮な空気を吸いながら行えるスポーツ。
ただ屋外がゆえに、雨や風、寒さなど、さまざまな気象現象に悩まされるのもゴルフです。
その中でも本当に気をつけてもらいたいのが雷です。

よく光ってから音が聞こえるまで時間がかかると雷雲はまだ遠いから大丈夫、なんて話を聞いた事があると思います。

ただ、この話、ゴルフ場では通用しません!

光の速さは一瞬なのですが、音の伝わりは秒速340m。つまり、ピカッと光ってからゴロゴロと音が鳴るまで10秒かかった場合、340(m)✖️10(秒)=3400m つまり、3.4km離れてることになります。もしくは、雷の音が聞こえる距離と言われているのが、10km〜14km。雷の射程範囲はなんと10km〜15km。音が聞こえるならもう射程範囲内だということを覚えておいてください。

一刻も早く避雷小屋などの安全な場所に避難しましょう!

もしも安全な場所が近くになかったら…

乗用カートはとても危険です。
一般的に「自動車が安全」といわれていますが、それは表面が鉄で覆われタイヤが地面に接しているから。また、タイヤは炭素が多く使われていて通電性が良いので、自動車に落ちた雷はそのまま地面に流れます。一方で乗用カートは表面が強化プラスチック、そもそも表面は覆われていません。人体が露出している状態です。そのため、乗用カートに雷が落ちてしまうと通電性のいい人の体を経由してしまいます。ですので絶対乗用カートに逃げ込んではいけません。

高い木の近くなんかもとても危険。背の高い目標物に向かって雷が落ちる…なんてことが起こるかもしれません。木からはできれば4m、少なくとも2m以上は離れましょう。
そしてゴルフクラブなんかは絶対持っていてはいけません。身につけているアクセサリーは外す必要はなく、両足を閉じてしゃがみ、膝は地面につけません。頭はなるべく低くし、耳を塞ぎます。
バンカーが近くにあれば、バンカーでしゃがむことをお勧めします。

(A.M)

+1
タイトルとURLをコピーしました