ゴルフがなかなか上達しない人必見!140切りのためのコツ

ゴルフがなかなか上達しなくて140を切れない理由にはスイングの不安定さやクラブ選択のミス、アプローチやパターの練習不足などがあげられます。140が切れない理由や140切りのためのコツ、ゴルフスクールのレッスンを受講するメリットなどについてご紹介します。

ゴルフがなかなか上達しなくて140を切れない理由は?

Frustrated golf player standing on the golf course.

ゴルフ初心者が140を切れない理由にはいくつか考えられます。まず、スイングが安定していないことがあげられます。正しいアドレスやクラブの使い方なども確認し、練習を通じて身につけることが大切です。クラブの選択が適切でない場合、ボールを正確に飛ばすことが難しくなります。各クラブの特性を理解して状況に合ったクラブを選択することも必要になってくるでしょう。

ショートゲームやパッティングのスキルアップも重要です。アプローチやバンカーショットの練習を通じて、グリーン周りの技術を向上させましょう。パットではどれくらい振るとどれくらいボールが転がるかを確認しておくことをオススメします。

140を切るためのコツ5選

140を切るために何をしたらよいのでしょうか?ここでは140切りのためのコツを5選紹介します。

正しいアドレスを身につける

140切りを目指す人がスコアアップするには、正しいをアドレスを身につけることです。正しいアドレスを身につけるには、まずは足を肩幅に開いて膝を軽く曲げましょう。そして、ゴルフクラブはフェースの部分がボールに対して直角になるような位置にセットします。背筋はまっすぐ伸ばし、体重は前足にややかかるようなイメージでバランスを取ります。

最初のうちはグリップを強く握ってしまいがちですが、余り強く握るとクラブをうまく操作できません。右利きの場合は左手の小指、薬指、中指はしっかり握る必要がありますが、残りの指は軽く添えるイメージです。練習するときに鏡やスマートフォンを活用して、正しいアドレスが身についているか確認しましょう。

あわせて読みたい;ゴルフ初心者が短期間で上達するコツを紹介!同じアドレスでスイングするためのポイントを解説

ハーフスイングの練習を取り入れよう

安定したスイングを身につけるには、体全体を使ったスイングを身につけることが大切です。そのためには、ハーフスイングの練習が効果的です。ハーフスイングの練習を取り入れるメリットは、初心者でも比較的クラブをコントロールしやすく、正確なボールの当て方が身につくことです。また、ハーフスイングはフルスイングに比べて体全体を使った動きが把握しやすい点もあげられます。しかし一方でハーフスイングの練習は大きく振らないことで、スイングの基本ともいえる体をひねるような動きや、しなって体に巻き付いてくるような動作は覚えにくいです。プレー中はハーフスイングだけではなく、フルスイングが要求される場面もあります。ハーフスイングに慣れたら、フルスイングの練習へと進んでスコアアップを目指しましょう。

あわせて読みたい:ゴルフ上達のためにはハーフスイングを練習しよう!メリットや気をつけるべきことを紹介

適切なクラブを使用する

スコアアップのためには、状況に応じて適切なクラブを使用することも重要です。適切なクラブ選択はスコアアップに大きな影響を与えます。たとえば2打目や3打目の場面では、140切りを目指す人の場合はロングアイアンを避けてフェアウェイウッドやユーティリティーを使ったほうが、ボールが当たったときに正確に飛ぶようになります。またグリーン周りではウェッジやパターの選択が重要で、適切なクラブを選択してアプローチとパッティングをすることがスコアアップの鍵につながります。

アプローチの練習を重点的にする

140切りを目指す人の場合、上級者と比べてコースで100ヤード以内を打つ機会は多い傾向にあります。そのため、ウェッジなど100ヤード以内で打つクラブを重点的に練習することをオススメします。ウェッジはゴルフクラブの中では重量があるクラブなので、体全体を効率よく使わないとうまくボールに当たらないクラブだともいわれています。ゆっくり振って体全体が効率よく使えるようになると、スイングが安定するだけではなく、アプローチの調子も上がって少ない打数でグリーンにボールを乗せられるようになるのでスコアアップにもつながります

パターは距離感を把握しておこう

パターで重要なことは距離感です。グリーン上でどんなにカップからボールが離れていたとしても、距離が合っていればボールは徐々にカップへ近づいていきます。パターの距離感を身につけるためには、ゴルフ場の練習グリーンやパターマットを活用することをオススメします。練習グリーンではボールを転がしたとき、実際にボールがどのくらい転がるのかを見ておきましょう。距離感はゴルフ場以外でも身につけることが可能です。たとえば練習場にパターマットやパター練習場がある場合は、普段から何度もボールを転がすことで距離感が少しずつ身についていきます。

140切りを早くしたい人はスクールのレッスンがオススメ

140切りを早くしたい人はゴルフスクールのレッスンがオススメです。スクールではティーチングプロが握り方からラウンドレッスンまで、わかりやすく丁寧にレッスンしてくれます。

プロから直接指導を受けることのメリット

ゴルフスクールのインストラクターは教えるプロフェッショナルです。彼らは知識と経験に基づいたレッスンで初心者でもわかりやすく教えてくれます。140をなかなか切れない場合、自分のスイングが正しいのか把握できないことがあります。プロから直接指導を受けることで、自己流で練習するよりも早い段階でスコアアップすることが可能です。

無料体験レッスンも受けてみよう

ゴルフスクールでは、入会前に無料体験レッスンを用意している場合があります。無料体験レッスンではレッスンの雰囲気やインストラクターとの相性が確かめられます。気になることがあれば、体験レッスンの機会に積極的に質問してみましょう。レッスン内容だけでなく、料金や設備に関することまで自由に質問できるので、無料体験レッスンは自分に合ったスクールを見つける一助となります。

まとめ

ゴルフがなかなか上達できなくて140を切れない理由には、スイングの安定性やクラブの選択ミス、ショートゲームの未熟さがあげられます。アドレスの安定や適切なクラブの使い方、ショートゲームのスキル向上が必要です。アドレスをチェックし、ハーフスイングの練習や適切なクラブ選択を意識することがスイングの安定にもつながります。またアプローチやパッティングの練習を重点的に行って、距離感を把握することが大切です。

140を早く切りたいなら、ゴルフスクールのレッスンがオススメです。ティーチングプロに直接指導を受けることで、効率的にスコアアップができます。無料体験レッスンも利用して、スクールの雰囲気や相性を確かめ、質問を通じて不安を解消しましょう。無料体験レッスンは、自分に合ったスクールを見つける手助けとなります。