ゴルフ上達の早道は?上達が早い人の特徴やポイントを押さえよう

ゴルフは継続性が求められるスポーツですが、早く上達するにはどのようなことをすればよいのでしょうか。ゴルフの上達が早い人に見られる特徴や、ゴルフを早く上達させるためのポイントなどを紹介します。

ゴルフの上達が早い人の特徴

ゴルフの上達にはセンスや過去に経験したことのあるスポーツが影響するともいわれていますが、練習法によっては早く上達できることもあります。ゴルフは同じ動作を繰り返し行っていくスポーツなので、まずはコツコツと練習を継続しましょう。そして自分に合ったスイングを身につけることが大切です。自分に合ったスイングが身についていれば、スランプに陥ったときも立ち戻ることが可能です。身体を鍛えておくことも大切で、プロゴルファーほどではなくても筋力や柔軟性があったほうがよいです。また、ゴルフはメンタルの影響を受けやすいスポーツともいわれています。一打一打を気にせず、すべてをひっくるめてゴルフを楽しめる人のほうが早く上達しやすいともいわれています。

ゴルフの上達が遅い人の特徴

ゴルフの上達が遅い人は、練習を怠りがちです。また、間違った練習方法を繰り返して他人のアドバイスを受け入れない傾向があります。真面目な人ほどレッスンの理論にとらわれたり、自分自身のやり方にこだわりがちです。プライドも邪魔して自己評価も高くなってしまうため、改善すべきポイントが見つかりにくくなります。そのためには謙虚さをもって新しいアプローチを受け入れることが必要です。また、ティーチングプロなど専門家の指導を受けることも効果的です。

ゴルフの上達が早くなるためのポイント3選

目標を持って質の良い練習を行うことが大切

ゴルフを早く上達させたい場合は、「100切りしたい」や「安定して90台で回る」など目標をもつことが大切です。目標があることで、達成に向けて行動が変化して成長も早くなる傾向にあります。また、ゴルフというスポーツは継続して行うことが大切ではあるものの、練習量の多さがそのまま上達につながるという訳ではありません。自分の設定した目標に対して質のよい方法で取り組むことも大切です。たとえば初心者がゴルフ上達のために目指したい練習量は、打ちっぱなしでは1日100球程度のボールを打つことがオススメです。打ち放題の練習場では1日60分を目安に考えておくとよいでしょう。ゴルフの練習は自宅などの打ちっぱなし以外の場所で行うことも可能です。素振りの練習なら1日20分程度、パター練習なら1日10分程度行うだけでも違うといわれています。

練習前にはストレッチをしよう

ゴルフは日常生活ではあまり使うことのない筋肉を使うスポーツです。打ちっぱなしでいきなりボールを打ち始める人を見かけますが、怪我のリスクを低くしたり可動域をあげるためにも、肩甲骨や股関節などのストレッチを積極的に取り入れましょう。ストレッチのみで短期間で上達することは難しいですが、継続することで効果が実感できます。

異なる種類のクラブで練習しよう

正しいスイングを身につけたり、スイングの癖を修正するために同じクラブで練習をすることはありますが、実際にゴルフ場でプレーするときは異なる種類のクラブを使用します。ある程度のレベルに達すると、ゴルフの楽しさがスコアに関わってくる部分が大きいため、打ちっぱなしで練習するときもさまざまな種類のクラブを使って練習しておくとよいでしょう。クラブを変えて練習をしておくことで感覚が養えたり、ミスが出やすい状況下ではそのまま同じクラブで打つよりも、使い慣れたクラブを選んで打つほうが失敗しにくい場合があります。

【練習場向け】ゴルフの上達が早くなる練習法

短い番手から打つ

限られた時間の中で効率よく練習するには、短い番手から打つことをオススメします。ウェッジは短くて振りやすいため、ウォームアップとしても最適なクラブだからです。プロゴルファーも最初はサンドウェッジから練習をする人が多いようです。

ウェッジにある程度慣れてきたら、次はショートアイアンやミドルアイアン、ユーティリティやフェアウェイウッド、ドライバーの順に練習していきましょう。ひととおり練習することで平均的に打てることを目指すのが目的なので、ドライバーを打つ回数だけ多くないように注意が必要です。

練習場ではマットの向きそのまま打たない

打ちっぱなしなどの練習場でマットの向きそのままで打つ人は多いですが、ゴルフ場ではマットを引いてあるところはほぼありません。そのため、打ちっぱなしではまっすぐ打つことができても、ゴルフ場でプレーするときは打つ前に自分で(打つ)方向を確認する必要があります。

そのため、打ちっぱなしで練習するときにマットの通りではなく、少し左や右に目標物を設定して打つ練習がオススメです。最初のうちは全く違う方向を向いているような違和感を覚えるかもしれないですが、徐々に目標物に対して正確に構えられるようになります。また、コースを意識した練習法として、ショットごとにターゲットを変えて打つのもよいでしょう。ショット時の自分の癖が把握でき、ゴルフ場でプレーするときに正確なアドレスができるようになります。

時間に余裕があれば傾斜の練習もしておこう

練習場での平らなマットに慣れてしまうと、ゴルフ場の傾斜に苦戦することがあります。傾斜地でのショットを安定させるために、時間に余裕があればアンバランスな状態でのスイングを練習するとよいでしょう。左足上がりや左足下がりなど仮想の傾斜をイメージして、それに対応したショットを練習します。インドアのゴルフ練習場にあるシミュレーターは打席のプレートが傾くようになっているので、仮想の傾斜をイメージしなくても傾斜からのショット練習が簡単に行えるのでオススメです本番を想定した練習を行うことで、プレー当日の楽しみ方も広がっていきます。

ゴルフ上達の最短ルートはスクールのレッスン

ゴルフ上達の最短ルートは、専門家の力を借りることです。ゴルフスクールのレッスンは、ティーチングプロの指導のもと効率的にスキルが磨けます。一人ひとりに合った指導が行われるため、自分の課題も正確に把握できます。また、プロの経験や知識に基づいた最適な練習方法も教えてもらえるので、自己流で練習する場合に比べて短期間で確実に成果を得られます。スクール仲間との交流を通じてモチベーションも高まるのもスクールならではといえます。

ゴルフ初心者は初心者向けプログラムがオススメ

ゴルフスクールの中には、初めてゴルフを始める人に特化したプログラムが用意されているところがあります。初心者向けプログラムでは、グリップの握り方からコースデビューまでを丁寧に指導してくれるため、初めでも安心して学べます。グループレッスンでは周りを気にしてしまうこともありますが、初心者同士で学べる環境なので、お互いに励ましあいながら成長できます。

まとめ

ゴルフの上達の早さは練習法と適切な指導によって大きく左右されます。ゴルフは繰り返しのスポーツなので、コツコツと練習を続けることが重要です。適切なスイングを身につけることや体力トレーニングも必要です。メンタル面でも一打一打を楽しむことが上達につながります。ゴルフ上達のポイントとして、目標をもつことや異なるクラブで練習することも重要です。練習場では短い番手のクラブから練習したり、方向性を磨いたり傾斜地を想定した練習も取り入れるとよいでしょう。スクールのレッスンは専門家の指導の下で効率的にスキルを磨けるので、初心者にはとくにオススメです。初心者向けプログラムでは、初心者のレベルに合わせて基本から丁寧に指導されるため、安心して学べます。