スコアが良くなるティーアップの仕方

何気にティーアップしていませんか?

ティーアップは、ティーイングエリア内の何処にティーアップして打っても良いのです。

つまりは、ティーイングエリア内であれば、自分が打ちやすい所にティーアップして打つことが出来ると言うことです。

打ちやすいところと言えば、一つ目は、コースを広く使えるところです。

エリア内の右側か左側からでは、コースの見え方が大きく違います。

コースが広く見える所からティーアップして打つことで「視覚的なプレッシャー」を軽減出来ます。

また、持ち球(ドローかフェード)によって、ティーアップの位置を変えることでコースを広く使うことが出来ます。

二つ目は、なるべく平なところです。

ティーイングエリア内であっても、つま先下がりや、つま先上りがあったりします。

なるべくスタンスが取りやすく、スタンスとボールの位置が同じ高さで平らな所から打つ方がミスショットの確立が少なくなります。

あとは、自分が打ちやすいティーアップの高さにも気を付けて、高さの標準化を作ってみて下さい。

高さの標準化が出来ると、ティーアップの高さによって、コースの形状(打ち上げか打ち下ろし・右ドッグレックか左ドッグレック等)や状況(風向きや降雨でランが出にくい等)に有効なティーショットが打てるようにもなれます。

是非、試してみて下さい。

コメント