パターの方向性を安定させるためにセットアップを見直してみる

普段パターの方向性安定のためにどんなことに気を付けていますか?
ボールの位置やアラインメント、パターの振り幅やストロークのタッチなど意識しなくてはいけないことがたくさんありますが、パッティングで一番重要なのは、セットアップ。

パターの方向性を安定させるカギはパターについているロフト角。
他のクラブのようにわかりやすくはありませんが、パターにも小さく4度前後でロフト角が付いています。
そのため見た目ではわかりにくくても、トゥアップの時は目標方向に真っ直ぐ構えていたとしても、フェース面は左を向いてしまいます。
ウェッジがトゥダウンをすると、目標方向に真っ直ぐ構えていたとしても、フェース面は右を向きます。
ボールの飛んでいく方向はフェース向きによって変わってしまいます、トゥアップをすれば左へ、トゥダウンをすれば右へ飛んでいきます。
わずかなロフト角ではあっても気づかずにボールの打ち出し方向が変わってしまう原因になってしまいます。

パターの方向性に悩んでいるゴルファーの皆さん!一度セットアップを見直してみては?

コメント