初心者必見!ゴルフ上手い人が実践している上達のコツを紹介

初心者が上手い人の真似をするメリットは、上級者の動きやアプローチ方法を真似することで、正しいフォームや戦略が自分のスイングやプレーに反映できることです。上級者のスタイルを通じて、スキル向上への道をスムーズに進めていきましょう。効率よく上達したい場合は、ゴルフスクールの利用も視野に入れてみましょう。専門知識や経験豊富なティーチングプロから直接指導を受けることで、初心者でも自分に合った正しいスイングが早く身につきやすくなります。

ゴルフが上手い人はどんなことをやっているの?

ゴルフが上手い人たちは、上達するために様々なことを実践しています。まず、練習量と練習の質を重視しています。定期的に練習を行って、スイングやパッティングのテクニックを磨いています。またゴルフの基本を徹底的に学んで、正しいフォームやクラブの使い方をマスターすることに余念がありません。さらに、フィジカルトレーニングも重視しており、柔軟性や筋力を向上させるために体を鍛えています。戦略的なプレーも大切であり、コースマネジメントやスコアを縮めるためのアプローチも習得しています。また、メンタル面でも強くなるために、集中力や自己管理のトレーニングを行っています。これらの要素を組み合わせることで、ゴルフ上達につながっています。

【初心者向け】ゴルフ上達のコツ4選

アドレスとグリップを確認

初心者にとって、アドレスとグリップの確認することはゴルフ上達のために重要な要素です。アドレスを見るだけでその人のゴルフスキルがわかるという人もいるだけに、ゴルフが上手い人は適宜アドレスやグリップを確認しながら練習していることが多いです。そのいっぽうで、初心者のゴルファーはスイング練習するのに一生懸命で、なかなかアドレスまで気にかけないことが多い傾向にあります。ゴルフがうまくなりたいなら、初心者もアドレスの練習に時間をかけたほうがよいでしょう。

グリップはクラブと体を繋いでいる唯一の接点となります。正しいグリップの握り方は、スイングのよし悪しやボールの行方にも影響を及ぼします。ショットの練習は何球も連続して打ちがちですが、最初のうちは1球ごとに正しいグリップができているか確認することをオススメします。

短い距離から練習を始める

ゴルフのスコアの中で大きな割合を占めるのが、パッティングやアプローチ、100ヤード以内のショートゲームです。上級者の中にはショットの練習よりも、ショートゲームの練習に力を入れる人がいるくらいです。短い距離の練習を行うことは、スイングが固まっていない初心者にとって正しいスイングが身につきやすくなるため、確実にスコアアップへとつながります。打ちっぱなしに着いたら、まずは短い距離から練習をはじめて徐々に長い距離へと練習していきましょう。

ショットの練習とクラブ選択

ショットの練習は、プレー中に起こりうる様々なシチュエーションに対し、正確で一貫性のあるスイングを身につけるために大切な練習です。ショット練習にはいろいろと方法がありますが、最初のうちはハーフスイングの練習から始めるとよいでしょう。フルショットに比べて初心者でもボールが捉えやすくなるため、スイングも安定しやすく飛距離も出る場合があります。

クラブ選びは各クラブの特徴や使いどころを理解し、コース上での戦略を練る上で欠かせません。上級者の場合、正しいクラブの選択がスコア向上に直結するため、自信を持ってプレーしていることが多いようです。初心者は練習場でクラブを試してみて、自分に合った組み合わせを見つけてみましょう。クラブ選択で迷った場合は、周りの経験者の意見を参考にしてみるのもありです。

ゴルフ場以外での練習も取り入れる

ゴルフの練習は打ちっぱなしと呼ばれている練習場で行うことがほとんどですが、利用料金やボール代がかかってしまうため、毎日練習場で練習するわけにはいきません。ゴルフが上手い人は練習場以外での時間も大切にし、通勤途中や自宅などで練習を行っている人がいます。

自宅での練習は時間や天候に左右されず、柔軟なスケジュールで取り組むことが可能です。自宅ではクラブの使用が難しいため、鏡を使用してスイングのフォームを確認したり、身体の柔軟性を向上するためのストレッチなど補完的な練習がよいでしょう。初心者のうちは専門家の指導がないと誤った練習習慣が身についたり、怪我を引き起こしてしまう可能性もあるので、これらの練習を行う際は注意も必要です。

初心者が効率よく上達したい場合はスクールも検討しよう

ゴルフスクールには初心者が効率よく上達するためのノウハウが豊富にあります。ティーチングプロから直接フィードバックを受けられ、正確で効果的なテクニックを学べます。専門知識や豊富な経験に基づいた指導は初心者にとって理解を深めやすく、上達を促していきます。一方で、自己流の場合と比較して費用がかかることや、一人ひとりの進度に合わせた柔軟な学習が難しい場合があります。

自分のペースで教わりたいならマンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンのよい点として、ティーチングプロが一対一で指導することで、個々の弱点やニーズに焦点を当てた効果的なトレーニングが可能です。レッスン時間も自分ひとりでフルに活用できて自分のペースで教われるので、グループレッスンに比べて上達のスピードが早い傾向にあります。マンツーマンレッスンはグループレッスンよりも費用が高くついたり、他の生徒と共有できる経験が得られないことがあります。自分のニーズに合わせて検討することをオススメします。

気になるスクールはお試しで体験レッスンを受けてみよう

ゴルフスクールの体験レッスンは、スクールの雰囲気だけではなく、実際のレッスンが生で体験できます。決して安い費用とはいえないので、気になったスクールの体験レッスンはお試しで受けてみて、自分に合うかどうか確認することをオススメします。体験レッスン後、スクールへの入会は当日もしくは後日決める流れとなります。スクールの中には当日入会した場合、特典がつくキャンペーンを行っているところもあるようです。

まとめ

ゴルフ初心者が上達するためには、練習量と質の向上が不可欠です。基本姿勢やグリップを確認し、アドレスから正確なスイングを身につけ、短い距離から始めることでスコアアップが期待できます。また安定した一貫性のあるスイングを身につけるためには、ショット練習とクラブ選びも重要です。コース上の戦略を練るためには自分に合ったクラブを把握しておくことも大切です。また自宅練習を通じて、フォームの確認やストレッチで柔軟性を高めておきましょう。練習場や通勤途中、自宅での練習を併用し、バランスよくスキルを向上させることが理想的です。

ゴルフスクールにおいては、レッスン時間を自分ひとりでフルに活用できるマンツーマンレッスンがより効果的ですが、費用がかかりやすいことや他の生徒との共有が難しいというデメリットもあります。状況次第ではグループレッスンの利用も検討するとよいでしょう。